TKトップページ
 Toji's top

TKプロフィール
 profile

モノ学・感覚価値研究会
 mono-gaku

「この星の光に魅かれて」歌詞
「なんまいだー節」歌詞
 cd information

学術論文集
 treatise (English)

徳島新聞記事
 article

芸術・創作集
 literature (English)

ShinとTonyのムーンサルトレター
 letter to Shin's

リュウジとトウジ
 letter to Ryji

地球の平和を願う
 peace (English)

TKスケジュール
 schedule

リンク
 link

Tonyのムーンサルト独りレター
 tony's letter

平安京・平城京 摩訶不思議の宴2006
 maka fushigi 2006


鎌田東二講演・イベント・ライブ案内
            (2019年8〜9月)
8月20日(火) 13:00〜14:30 (要予約・全6回)

NHK文化センター京都教室
「日本書紀 全巻講読」連続講座


テーマ:「日本書紀を古事記と比較しながら読む」鎌田東二
以後、原則として毎月第4火曜日の13時〜14時30分。
テキスト: 岩波文庫『日本書紀(1)』、講談社学術文庫『全現代語訳 日本書紀(上)』
場所・問い合わせ: NHK文化センター京都教室 (電話:075-254-8701)

8月26日(月)〜28日(水) 9:00〜21:00

「第一回老年哲学国際会議 死生学と老年哲学の交叉点」プログラム

日時: 2019年8月26日(月)9時〜28日(水)20時
テーマ: 「死生学と老年哲学の交叉点」 場所: 関西セミナーハウス(京都市左京区一乗寺竹ノ内町23)
一般参加費: 3日間通し5000円、単発能楽および映画鑑賞各1000円、1日単位聴講・観賞2000円
申し込み先Email: ykiyo127@skyblue.ocn.ne.jp
電話:0748-42-8215

「第一回老年哲学国際会議 死生学と老年哲学の交叉点」プログラム

◆1日目:8月26日(月)9:00〜20:00
開会式:主催者挨拶・山本恭司未来共創新聞社社長、趣旨説明:柳生真未来共創新聞記者、参加者代表挨拶・金泰昌東洋フォーラム主幹
発題1 長谷川敏彦元厚労相長寿計画策定者(元日本医科大学教授)「進化生態医哲学と老年哲学」
発題2 鎌田東二上智大学グリーフケア研究所特任教授(京都大学名誉教授)「翁童論と日本人の死生観の変遷」
発題3 柴田久美子日本看取り士会会長「私の死生観と幸齢者看取りの現場から」
発題4 金石哲京都大学講師「和歌に表れた死生観と老人像」
発題5 北島義信四日市大学名誉教授「韓国の国際会議に参加して感じた死生観と老年哲学」
総合討論
夕食後18:40〜19:40 鎌田東二・新作能舞「比叡死生谷銀河巡礼」の観賞(関西セミナーハウス内の能舞台で)出演:河村博重(能舞)由良部正美(舞踏)鎌田東二(演奏)

◆2日目:8月27日(火)9:00〜21:00
発題6 島薗進上智大学グリーフケア研究所所長(東京大学名誉教授)「死生観と老年哲学の相互関係」
発題7 秦教勲ソウル大学名誉教授・韓国医哲学会顧問(倫理学)「医哲学生死観そして老年哲学」
発題8 元恵英東国大学講師(仏教学)「韓国人の生と老と死」
発題9 金英美大田大学講師(詩人・文学評論家)「現代韓国文学と生死観及び老年像」
発題10 金田諦應通大寺住職(カフェ・デ・モンク主宰)「東日本大震災後の日本人の死生観の問題と仏教の現状と可能性」
総合討論
夕食後:19時〜20時40分映画上映。大重潤一郎監督「久高オデッセイ第三部 風章」(英語字幕付き、95分、2015年制作、制作実行委員会委員長:梅原猛、副実行委員長:島薗進・鎌田東二)

◆3日目:8月28日(水)9:00〜20:00
発題11 劉鐘成東洋フォーラム運営委員長・元教育部高級官僚・元大学総長・教育長(教育学)「老年期になって感じた生と老と死」
発題12 大橋健二鈴鹿医療科学大学講師「老いと現代文明」
発題13 金容煥忠北大学教授「ハン思想から見た生と老と死」
発題14 金泰昌東洋フォーラム主幹(公共哲学者)「韓国と日本との間で体感した生死観・医哲学そして老年哲学」
未来共創への発展協議、晩餐会

(通訳)゙秋龍コットンネ大学教授、金鳳珍金北九州大学教授、李鮮英同徳女子大学講師、柳生真未来共創新聞記者(円光大学研究教授)

9月2日(月) 13:00〜16:15 (要予約・1回2コマ)

「縄文のこころ〜考古学と思想研究の接点」

縄文にわたしたちのこころがひきつけられるのはなぜでしょう。約1万3千年間続いた縄文時代には、地域色豊かな土器など、芸術性にあふれるユニークな文化が発達しました。土偶に代表されるように、精神性にすぐれ、現代人の心に訴えかけるものがあります。縄文人は儀礼や狩猟の場で石笛を吹きました。毎朝比叡山に向かい石笛を吹く宗教学者は、縄文人の生命観や自然観、死生観について、日々考えます。縄文の遺物を通してイメージし、小林達雄や石井匠の縄文考古学や、岡本太郎の縄文文化論や梅原猛や宮崎駿の縄文文化論を踏まえて、縄文を語ります。
講師: 鎌田東二
場所・問い合わせ: 朝日カルチャーセンター中之島教室(大阪)

9月24日(火) 13:00〜14:30 (要予約・全6回)

NHK文化センター京都教室
「日本書紀 全巻講読」連続講座


テーマ:「日本書紀を古事記と比較しながら読む」鎌田東二
以後、原則として毎月第4火曜日の13時〜14時30分。
テキスト: 岩波文庫『日本書紀(1)』、講談社学術文庫『全現代語訳 日本書紀(上)』
場所・問い合わせ: NHK文化センター京都教室 (電話:075-254-8701)